mastercardの本社はどこ?ヨーロッパ?アメリカ?

mastercardの本社はどこにあるのでしょうか。ヨーロッパ圏で強いと言われているmastercardですが、実は本社はアメリカです。アメリカ合衆国ニューヨーク州ハリソンパーチェスにあります。ハリソンはニューヨークの郊外にある地区で、日本人駐在員も多く、日本人学校などもあります。パーチェス地区はハリソンの中でも高級地区になります。賃貸物件が主流で、住友不動産も進出しているので、日本人にも住みやすい地区だと思います。ライという地区では毎年夏にライ・プレイランドでお祭りが開かれます。このようにアメリカの中でも超高級といわれる地区に本社を構えるマスターカードの実力は本物ですね。マスターカードに就職したい!という方も多いかもしれませんが、最近ではクレジットカード業界は特にフィンテックに力を入れています。VISAではPayWaveが開発されましたが、加盟店のネックとなっているのはリーダーなどの読み取り機の経費です。そのため最近ではスマホを用いたバーコードリーダーによる決済のシェアが伸びてきています。そしてその中でもマスターカードはVISAよりも早くバーコードリーダーの導入に参入しています。

難波はショッピング枠現金化の宝庫

天王寺でショッピング枠現金化をお探しなら

none1

none2

none3

バーコードリーダーならクレジットカードのICチップのような複雑なリーダーではなく、バーコードおよびQRコードのリーダーを持っていればOKなので、加盟店側の初期費用が安くで済むのです。そのためもしマスターカードに興味のある方はテクニカル分野でも活躍することができるでしょう。やはりクレジットカード業界では加盟店や利用者が増えてなんぼの世界なので、セキュリティとシェアが一番の課題になります。そのため営業力、技術力を駆使して、世界に誇るクレジットカード会社になっていくでしょう。マスターカード本社なら日本人駐在員も多いエリアなので、海外駐在員の中でもシティライクな生活ができそうですね!結婚していても日本人学校のある地域なので、日本語・英語共に目指すことができそうです。

最新記事